AGA解体新書

AGA(男性型脱毛症)は内服のみで8割が改善します。なるべく分かりやすく解説します。

7.髪は生えるのか。(Simulation 3)

ここが1つ目の分岐点です。 

f:id:cardAmex:20170529213025j:plain

 ※この文章はあくまでもシミュレーションです。実際の経験談ではありません。 

 

さて、内服を始めてから半年が経過しました。

まだ満足できる生え方ではないにしても、治療前と写真で比較すると違いが分かる程度には効果があった方が多いのではないでしょうか。ここで3通りの経過に分けてその後の方針についてアドバイスできればと思います。

 

1.抜群に効果があり、これ以上増えなくても大丈夫。

元々が軽症で、かつ若い方の場合は特に効果が出やすく、半年内服を継続しただけで満足できるレベルに達することがあります。治療費の問題もありますので、早めに内服を終わりにしたいと思うかもしれません。

しかしここで治療を中断すると毛量は治療前のレベルまで後退することが多いので、少なくとも内服開始後1年間同じ用量で継続することをお勧めします。

 

2.ある程度は効果があったが、もっと毛量を増やしたい。

多くの方がここに当てはまると思います。効果が見られた点ではひとまず順調ですので、引き続き同じ用量で内服継続することをお勧めします。

 

3.効果がない(乏しい)か、理想の毛量との隔たりが極めて大きい。

原因としては大きく2パターンに分けられます。

大多数の毛根細胞がヘアサイクルを消費しきってしまっているかなり重症のケースか、逆に軽症で変化に気付きにくい、もしくはAGAが薄毛の原因ではない(脂漏性皮膚炎円形脱毛症、加齢に伴う髪の性質変化など)ケースが考えられます。

前者では血圧低下などの副作用を見極めながらミノキシジルを増量するという選択肢がありますが、これを1人で行うのはリスクが大きいため、クリニックに相談した上で治療を継続するのが無難です。

後者ではまず薄毛の原因が本当にAGAなのか見極める必要があります。1つの選択肢としては遺伝子検査がありますが、これはクリニックの他に通販でも可能なようです

 

次回は上で紹介した1.2.のパターンに従い、同用量(フィナステリド 1mg + ミノキシジル 4~5mg /day)内服を続けた場合の経過について追っていきたいと思います。